HSP女性はモテず恋愛や結婚に不向き?|彼女達が幸せな恋をする為のポイント5つ

コミュニケーション
スポンサーリンク

HSP女性は恋愛依存に陥りやすかったり、恋に疲れる傾向があり、パートナーに恵まれづらいといわれています。

しかしHSP女性が、幸せな恋をできないわけではありませんし、モテないわけでもないのです。

HSP歴40年の筆者(男)の周囲には、波長が合うのか、HSP女性も数多くいます。

今回は僕の知っている幸福な恋愛をしているHSP女性を例に挙げつつ、注意すべきポイントを解説。

最初にお伝えしておきますが、HSP女性でも幸せな恋をすることは可能!

ただし幸福な恋愛をするには、いくつか注意がいるのも確かです。

ある力が上がれば、HSP女性は一気にモテ始めます。

HPS女性のモテ期はどのように到来するのでしょう?

スポンサーリンク

HSP女性が恋愛や結婚が不向きと言われる訳3つ

「HSP 女性」というキーワードで検索すると、「恋愛そのものが不向き」「結婚に適していない」といった内容が表示されます。

そもそも、なぜHSP女性がそのように思われやすいのか、理由を考えていきましょう。

HSP女性が恋愛や結婚が不向きと言われる理由①「共感性が高く自分軸を失いがち」

HSPの特性といえば、真っ先に挙げられがちなのが共感性の高さ。

これ自体は、人の痛みがわかったり、寄り添える優しさを伴うなどプラスの面が多いです。

しかし、尽くしすぎるとキャパオーバーに陥ることもしばしば。

楽しいはずの恋愛で、苦痛を覚えやすいのはHSP女性あるあるでしょう。

HSP女性が恋愛や結婚が不向きと言われる理由②「自己肯定感が低い時期に男から利用される」

女性を利用する術に長けている男性ほど、自己肯定感の低い女性を見つける嗅覚が秀でるもの。

彼らはまるでハイエナ。

この子、簡単に利用できそう…

と感じたら、すっと近寄り甘い言葉をささやきます。

サイコパス系の男ほど、相手の女性に何を伝えれば心が動くのかを、情報として理解しています(感情面では無理解です)。

HSPは男性、女性とも自罰傾向が強いため、自分の生き方が定まるまで自己肯定感が低くなりがち

HSP女性がまだ自信を育めていない段階で、たちの悪い男性にひっかかることもよくあります。

HSP女性が恋愛や結婚が不向きと言われる理由③「ひとりの時間が必ず必要」

HSP女性は感受性が強すぎるため、消耗しやすいのは間違いありません。

何気ない日常でも、五感がフル稼働しやすいこともあり、帰宅後ひとりの時間を作らなければならないのです。

エネルギーチャージをしないと、翌日、活動できない人もいるほど。

もし結婚するとなれば、長時間パートナーの男性と過ごすことに。

「そんなの自分には無理…」

と自ら決めつけてしまうHSP女性も、結構いるようです。

HSP女性が、幸せな恋愛をするためのポイント5つ

ではHSP女性が素敵な恋愛をして、パートナーと幸せな関係を築くためには何に気をつければいいのでしょう?

重要ポイントを記載していきます。

HSP女性が、幸せな恋愛をするためのポイント①「HSPであることを最初に伝える」

HSP女性が

私、HSPなんです

と初期段階で相手に伝えるのは、最重要ポイントといっても過言ではないほど。

HSPは特性なので、なんら恥じる必要はありません。

世の中には

HSPなんて初めて聞いたな…

HSPって何…?

という人も、まだまだおられるでしょう。

全ての人に理解されるのは不可能だとしても、良い関係を築けそうな方には伝えておいた方が絶対にいいです。

女性側がHSPであることを隠すと、あとで支障が出るのは確実。

タイミングを見計らい、「私はHSPなの」と伝えましょう

HSP女性が、幸せな恋愛をするためのポイント②「HSPへの理解度が低い男とは付き合わない」

HSP女性がどんなに

この人、素敵♪

だと思って、HSPへの理解度が低い男性とは上手くいきません。

中には

HSPなんて存在しないよ。誰でも多少は我慢してるのに

と心ないことを考える男性もいます。

ときには

「わからない人には、どれだけ言葉を重ねてもわからない」

という割り切りも必要。

あなたが自身の心をすり減らしてまで、理解を求める必要はありません。

HSP女性が、幸せな恋愛をするためのポイント③「がさつな男性は避ける」

HSP女性と、がさつな男性との相性が最悪。

中でも

俺は嘘をつきたくない。だから思ったことは全て口にする

と思ちがいな男性はかなり危険。

デリカシーのない本人は、HSP女性を深く傷つけているなん、つゆとも思っていません。

吊橋効果ではありませんが、ひどく傷つけられたあとに優しくされると、その揺さぶりを恋愛的な好意と勘違いするケースも。

HSP女性には、思慮深い穏やかな優しい男性が似合います

HSP女性が、幸せな恋愛をするためのポイント④「共依存関係を避ける」

「HSP女性は共感性が高い」と前述しましたが、その副作用として共依存関係に陥りやすいというのがあります。

先程の例ではありませんが、DVしたあとに優しくする男から離れられなくなるのは紛れもなく共依存。

Wikipediaによると共依存とは

自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す[1][2][3]。すなわち「人を世話・介護することへの依存」「愛情という名の支配」である[4]。共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平穏を保とうとする

出典:共依存 Wikipedia

となります。

以下の項目に当てはまる人は共依存の傾向が強いでしょう。

・常に他人の顔色をうかがい、機嫌を損ねないようにサービスしてしまう

・自分ひとりで中々決められない

・自分よりも相手の意見を尊重しやすい

・「嫌」と断るのが苦手で、対立を避けようとする

出典:共依存の仕組みと劇的に克服する3つの方法「傾聴力HP」

誰かとの関係性や存在によって、自分の存在を確認するのが恋愛や結婚の目的ではありません。

一緒にいるだけで幸せだったり、無理せずに自然な状態で優しさに包まれるのが本当の愛です。

HSP女性が、幸せな恋愛をするためのポイント⑤「承認欲求を利用する男に注意」

全人類が持っている共通の欲求は「誰かに承認されたい」というもの。

求めている形で、他者から承認されることは、とてつもない快楽。

女遊びが得意な男性は、心の穴を抱えている女性をすぐ見つけます。

そして心地よくなる言葉を、短いセンテンスで繰り出し、相手を翻弄。

肉体関係に持ち込むための手段として、自己肯定感の低い女性の承認欲求を利用するのはよくある手。

この人は会う度に私をたくさんほめてくれる

と思ったら注意した方がいいかも?

本当にあなたのことを思う男性なら、ほめてばかりいるのではなく、ときには厳しい言葉を伝えるもの

SNSを見ててもわかるとおり、多くの人は承めてほしくしてしかたない承認飢餓状態にあります。

悪い人間ほど、それを利用しようと企むものです。

HSP女性の成長によって運命の男性と出会いやすくなる

僕の周囲にいる恋愛や結婚で幸せを手に入れたHSP女性は、自己肯定感が高め。

もちろん最初から、そうだったわけではありません。

紆余曲折があって、ようやくライフスタイルを確立し、自分軸を獲得できたのです。

興味深いことに、HSP女性の自己肯定感が高まると、理解ある魅力的な男性と出会う機会が増えるようです。

そうなったら飛躍的にモテ始めます。

すでに数人のお子さんがおり、お母さんになったHSP女性もたくさんいます。

HSP女性が恋愛や結婚に不向きではありません。

HSPは全般的に生きづらさを覚えやすいのは確か。僕もそうでしたが、自己肯定感の低い時期が続くのはHSPあるあるといえるでしょう。

しかしHSP女性が自分らしい生き方をしていれば、きっと素敵なパートナーと巡り会えるはず。

あなたにぴったりの素敵な男性との出会いがあることを祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました